廃車買取実績50年

車を売却

トラック中古パーツ販売


  • ホーム
  • トラック中古パーツ販売
  • 廃車買取
  • 会社案内

廃車買取山形オートリサイクルセンター »  SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

山形オートリサイクルセンターでは、あらゆる企業活動を通じてSDGsの達成に貢献してまいります。

YARCのSDGsへの取り組み事例

環境課題の解決

当社は自動車リサイクル部品の販売拡大を通じて、CO2のサプライチェーン排出量を削減し、地球温暖化対策に寄与するのは周知の通りです。

CO2削減量538t

当社のグリーンポイント集計結果調べによると、2021年9月1日~2022年8月31日までの1年間、お客様のリサイクル部品購入によるCO2削減量は、おかげさまで745.645Kg(約745t)ありました。
ちなみにその前年度のCO2削減量は、538,945Kg(約538t)でした。

また、リサイクル部品購入によるCO2削減量が上位の会社には感謝状を贈呈させていただきました。ありがとうございました。

2030年の目標値 8,000t

毎年この数字を増やし、2030年には累計CO2削減量約8,000 t を目標に継続して取り組んでいきます。

当社「環境方針」にもある通り、「この大自然に生かされていることに感謝し、山形の豊かな自然環境に配慮し、自然と調和する企業を目指し、未来に「美しい地球」を残すため、資源循環型社会作りの一端を担います。」を行動に移していきたいと考えています。

社会課題の解決

環境問題と利益還元

お客様のリサイクル部品購入による利益の一部で、庄内地方における交通遺児激励事業や子どもと高齢者の交通事故防止に努めている「山形県交通安全母の会連合会」の募金活動に協力していきます。

当社は自動車を取り扱うビジネスを行っている以上、交通事故は避けて通れない社会課題として考えています。「庄内地方の交通事故をゼロにする」を2030年に向けた目標に掲げ、地域社会に貢献し、また同時に子ども達の支援活動も行い、一緒に取り組んでいきたいと考えています。

CSR検定の修得

CSR検定試験3級を受験し合格しました。

★CSR検定とは
ビジネスや組織運営における社会的責任(CSR)の意義を広め、持続可能性や競争力、レジリエンス(回復力)を高めることで、健全で生産性や競争力が高い社会の実現に貢献することを目的として実施される検定試験

「山形県交通安全母の会」への寄付。

2021年11月30日、山形県庄内総合支庁総務企画部総務課 防災安全室へ赴き、「山形県交通安全母の会」へ寄付を行いました。

広告チラシ、不要な紙をシュレッダーにかけ、梱包材として再利用。

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

▲ひと塊にした梱包材を敷きます

▲緩衝材として活躍します!

ペットボトルキャップを回収し、世界の子ども達にワクチン供給。

 全ての人々に対する財政リスクからの保護、質の高い基礎的な保健サービスへのアクセス及び安全で効果的かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンへのアクセスを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。

障がい者雇用

2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。

会社内LED照明

2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

廃車買取のYARC上部に戻る